2016年7月4日月曜日

骨粗しょう症予防教室(結果説明会)

一生のうちで、骨量が最も多くなるのは10代後半〜20代のころです。骨量は年齢や生活習慣の影響を受け、減少していきますが、骨の健康を意識した生活を送ることで減少を緩やかにすることが可能です。若々しい高齢期を過ごすためにも、正しい知識を知り、生活に取り入れることで骨の健康を意識する生活をしてみませんか!

■日時
(1)7月11日(月)
(2)7月20日(水)
(3)7月22日(金)
(4)8月5日(金)
時間はいずれも午後1時30分〜3時30分

■場所
(1)(2)は保健センター
(3)は中央市民会館
(4)は桜井地区センター

■内容
医師による骨粗しょう症の病態・予防に関する講演、栄養士・保健師による栄養・運動・日常生活についての講話

■対象者
骨粗しょう症に関心のある方

■費用
無料

■申込み
電話で下記へ。(1)(2)は受付中、(3)(4)は7月8日(金)午前9時から

※詳しくは広報こしがやお知らせ版7月号、市ホームページをご覧ください
(パソコン用)
http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi/kenko/kensinsodan/yoboukyousitu.html

■問合せ
市民健康課(保健センター)
電話048-978-3511

0 件のコメント:

コメントを投稿