越谷市について

越谷市の概要

本市の将来像

  • 水と緑と太陽に恵まれた 人と地域が支える安全・安心・快適都市
(第4次越谷市総合振興計画より)

市域

  • 越谷市の位置図。埼玉県の東南部に位置しています。

地勢

  • 越谷市は埼玉県の東南部に位置し、東京都心から北へ25キロメートルという地理的環境にあり、平成8年12月には県内6番目の人口30万都市の仲間入りをするなど、県南東部の中核都市として発展を続けてきました。

市域位置、面積

  • 東端(大字中島) 東経139度50分
  • 西端(大字野島) 東経139度44分
  • 南端(蒲生愛宕町) 北緯35度51分
  • 北端(大字平方) 北緯35度56分
  • 東西8.6キロメートル、南北11.5キロメートル、面積60.31平方キロメートル(面積は昭和63年10月1日 国土地理院発表によります)

沿革

越谷市の沿革

時期 出来事
  • 昭和29年11月3日 2町8カ村の合併により越谷町誕生
  • 昭和33年11月3日 市制施行 県下22番目、全国543番目
  • 昭和51年9月 人口20万人突破
  • 昭和60年5月 人口25万人突破
  • 平成8年12月 人口30万人突破
  • 平成15年4月1日 特例市に移行

道路・河川・鉄道

  • 越谷市は、元荒川、古利根川、綾瀬川、新方(にいがた)川、中川の一級河川や葛西用水、末田(すえだ)大用水、谷古田(やこた)用水など多くの河川用水が流れ、古くから自然に恵まれた「水郷こしがや」と呼ばれてきました。 
  • 道路は国道4号と国道463号の2本の国道が走り、鉄道は東西にJR武蔵野線、南北に東武鉄道伊勢崎線が走っています。

JR武蔵野線の駅

  1. 南越谷駅
  2. 越谷レイクタウン駅

東武鉄道伊勢崎線の駅

  1. せんげん台駅
  2. 大袋駅
  3. 北越谷駅
  4. 越谷駅
  5. 新越谷駅
  6. 蒲生駅

市章、シンボルマーク

越谷市の市章

  •  10個の外輪は、合併した2町8カ村を表し、中央にカタカナの「コ」を4つ集めて「越(こし)」の意味、中心は「谷」の文字を図案化したものです。
  •  図案は、町村合併後、町民の皆さんから募集したもので、町章として昭和30年1月10日制定。その後、市制施行とともに市章となりました。

越谷市のシンボルマーク

  •  このマークは、市民の皆さんとともに暮らしやすいまちづくりを進めるためのシンボルとして、全国公募の中から市民投票によって選ばれました。図案は、「水郷こしがや」と、親子のシラコバトが未来にはばたく様子を表現しています。(市制40周年を記念し、平成10年11月3日制定)

市の木・花・鳥

市の木:ケヤキ

  • 昭和53年11月3日制定。ニレ科落葉高木。

制定理由

  1. 昔から武蔵野の風景を思わせる木であり、市内にも多く、越谷市の自然条件に合う。
  2. 根を大地に張り、まっすぐに伸びた幹の上に大きく枝を広げた雄姿は、堂々としており、ますます発展していく越谷市にふさわしい。

市の花:キク

  • 昭和53年11月3日制定。キク科多年草。

制定理由

  1. 一般公募の中で、草花としてのイメージが最も高い花である。
  2. 栽培もたやすく、その美しさと容姿は古くから日本人に親しまれている。

市の鳥:シラコバト

  • 昭和63年11月3日制定。ハト目ハト科。
  1.  全長30センチ前後の乳白色のハトで首には黒い線が入っています。戦後、数が激減し、今では越谷市を中心とした関東地方の一部にのみ生息する貴重な鳥です。昭和31年に国の天然記念物に、40年には県民の鳥に定められるなど、まさに越谷市の鳥にふさわしいものです。 

越谷市の歌

  • 越谷市の歌は、市制施行20周年(昭和53年11月3日)を記念してつくられました。 
  • 作詞は、一般公募の椎木一男さんの作品が選ばれ、詩人の宮沢章二さんが補作をしました。作曲は、作曲家の奥村一さんが、行進曲風の明るい感じの曲をつけました。 
  • 越谷市の歌は、次のとおりです。

歌詞

一、

  • 流れ 幾すじ 波おどり(ながれいく すじなみ おどり)
  • 空へ舞い立つ しらこばと(そらへ まいたつ しらこばと)
  • 歌おう 望みを よろこびを(うたおう のぞみを よろこびを)
  • 水と みどりと 太陽の(みずと みどりと たいようの)
  • わが市 わが町 越谷よ(わがし わがまち こしがやよ)

二、

  • 花のいのちに 飾られて(はなの いのちに かざられて)
  • 愛が かおるよ 人の輪に(あいが かおるよ ひとのわに)
  • 生きる日 励む日 夢みる日(いきるひ はげむひ ゆめみるひ)
  • 共に 根を張り 幸を生む(ともに ねをはり さちをうむ)
  • わが市 わが町 越谷よ(わがし わがまち こしがやよ)

三、

  • 昇る朝日の ほほえみは(のぼるあさひの ほほえみは)
  • 今日と 明日を むすぶ虹(きょうと あしたを むすぶにじ)
  • ひかりを集めて さわやかに(ひかりを あつめて さわやかに)
  • 老いも 若きも 肩を組む(おいも わがきも かたをくむ)
  • わが市 わが町 越谷よ(わがし わがまち こしがやよ)

コメント

このブログの人気の投稿

自主避難について

越谷市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生について

越谷市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生について