2018年2月8日木曜日

埼玉)敢闘賞の阿炎関、越谷市に報告 市民千人が喝采


越谷市ニュース
越谷市
毎日更新 2018年2月8日
ニュース


阿炎関は、東前頭十四枚目で初場所を新入幕で迎え、10勝5敗の好成績で敢闘賞を受賞した。この日、高橋市長から「おめでとうございます」と祝福されると、「越谷が大好き。みんなに応援される力士になりたい」と答えた。 本名は堀切洸助(こうすけ)。同市立西方小、大相模中卒業後、自宅から通えて相撲部がある千葉県立 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告


大相撲初場所で敢闘賞を獲得した前頭・阿炎関(23)が6日、出身地の越谷市を表敬訪問した。同市役所(同市越ケ谷)には角界のニューヒーローを一目見ようと約1千人の市民が集まった。 初入幕で10勝5敗の好成績を収めた阿炎関は、「かわいい!」というファンの声に「よく言われます」と返すなどトークも好調。「これからも ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告


大相撲初場所で新入幕ながら10勝5敗と2桁勝利を収め、敢闘賞に輝いた越谷市出身の 阿炎 ( あび ) 関が6日、師匠の錣山親方(元関脇寺尾)とともに同市を表敬訪問。市庁舎ロビーを埋め尽くした市民約1000人から大歓迎を受けた。 阿炎関は集まった市民に「こんなにたくさんの方に来ていただき、驚いています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告


埼玉県越谷市は大商業施設がある新興の街のイメージだが、江戸時代から日光街道の宿場街として栄えた場所。佐久間は「古いものを大事にして新しいものを作り、うまくミックスしている街」と気に入った様子。電車で撮影に通ったそうで「都会に出やすく便利」とし、「越谷に住みたい?」の問いに「はい!ぜひ。通いやすいですし」 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告


奈良文夫さん81歳(なら・ふみお=俳人、俳誌「群星」代表)6日、肺炎のため死去。通夜は9日午後6時、葬儀は10日午前10時、埼玉県越谷市千間台西1の5の7のせんげん台駅前葬斎センター。喪主は妻寿子(ひさこ)さん。 中村草田男に師事。俳誌「萬緑」の選者を務めた。(共同) ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告


同町に現在、2000年4月に開業したイオンモール利府があり、発表資料によると新棟はその道路を挟んだ向かい側に建てるとのことだ。イオンモール利府にはJR東北本線で利府駅から徒歩で20分かかることから、新棟も同程度の時間を要しそうだ。 周辺は、仙台市と利府町を車で約30分で結ぶ県道8号(仙台松島線)のほか、 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告


奈良文夫さん(なら・ふみお=俳人、元俳人協会監事)が6日、肺炎で死去、81歳。通夜は9日午後6時、葬儀は10日午前10時から埼玉県越谷市千間台西1の5の7のせんげん台駅前葬斎センターで。喪主は妻寿子(ひさこ)さん。俳誌「萬緑」の選者を務めた。 大雪の関連情報を全文公開しています. 今、あなたにオススメ(PR) ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Koshigaya

0 件のコメント:

コメントを投稿